スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SFCG元会長、「破産開始決定は不当」と提訴 国などに賠償求める(産経新聞)

 経営破綻(はたん)した商工ローン大手のSFCG(旧商工ファンド、東京)による民事再生法違反事件で逮捕されたSFCG元会長の大島健伸容疑者(62)が、破産手続き開始を認めた昨年4月の東京地裁決定を不当として、国などに計約200万円の損害賠償を求める訴えを同地裁に起こしていたことが17日、分かった。

 他に訴えられたのは宇都宮健児日弁連会長ら弁護士2人と日弁連。大島容疑者側は「日栄・商工ファンド対策全国弁護団」が昨年5月、大島容疑者の破産を申し立てており、宇都宮会長が申し立てで積極的に活動したなどと主張。また、日弁連が2人の懲戒を怠ったなどとしている。

 弁護団は「宇都宮会長は手続きにかかわっていない。国に対するものも含めて、提訴は筋違い」などと話している。

【関連記事】
堕ちたカリスマ “我が子”を私物化 SFCG元会長
「隠し資産の解明に期待」 商工ファンド対策弁護団
時代の寵児、際立つワンマン SFCG元会長「手段選ばず」の声も
SFCG大島容疑者、逮捕 破綻前に親族会社に400億円を流出
大島元会長らを取り調べ 親族会社に資産流出の疑い 警視庁

高1女子、同級生刺す 授業中、腹にナイフ 加害生徒「卓球部でおとなしい」(産経新聞)
アジサイ庭園のライトアップ 三室戸寺(産経新聞)
患者へのフィードバックを検討―がん登録で研究センター(医療介護CBニュース)
好立地の薬局確保、取引独占=高知の医薬品卸会社に警告―公取委(時事通信)
<樺美智子さん>国会突入デモ死から50年 「真相解明を」(毎日新聞)
スポンサーサイト

少子化危機の「見える化」が必要 駒村康平・慶大教授(産経新聞)

【少子化連続インタビュー】(5・下)

 慶大の駒村康平教授は、少子化がもたらす影響が「見える化」されていないことが、社会全体として不合理な結果を招いていると指摘する。

 --地方分権の中で少子化対策財源はどうあるべき

 「今までのようなひも付き補助金ではなく、連合や私は『基金』と呼んでいるが、具体的な使途は決まっていないが、子供向け施策に使ってもらうという“色”は付いているお金を基金なり、特別会計から地方に渡す。子供政策は基本的には国全体で考えるべき部分がかなりある。長期の国の在り方を決める問題だから、自治体が『うちの地域は高齢者が多くなって、保育サービスはいらないが、介護サービスはほしいから、保育所はつくらない』というような判断をされたら困る」

 --地方では子育て支援に積極的な自治体もある

 「子育て支援に一生懸命頑張っている自治体があると、近隣の自治体の子供を持つ家庭がそこに移ってしまう。その自治体だけをみると、あたかも子供が増えているようにみえるが、オールジャパンでは全然増えていない。これでは自治体間でサービス競争なんてできない」

 --一方で、多くの自治体は高齢者重視になりがちだ

 「少子化がいったい自分たちに何をもたらすか今の高齢者は知らない。年金が下がったり、介護保険や後期高齢者医療の保険料が上がったりするが、これらはシステム的には全部子供の数と連動して決まる。子供の数が減るほど高齢者の給付は下がる。それが『見える化』されていない。それぞれの地域や個人が合理的な選択をしたとしても、社会全体では少子化という不合理な結果を招いている」

 --少子化対策は地方任せではいけない

 「分権化すればするほど合理的な判断ができるというのは夢の話で、やはりある程度のフレームは国がつくらなければならない。ただ、どういうサービスをどの程度行うか、色がある財源の中でどう配分するかは自治体にお任せすればいい。無条件の地方分権には反対だが、今までのひも付き補助金でも駄目なので、そういう意味で子供向け施策に限定した『色付き』の財源をつくるべきだ」

 --なかなか少子化問題の危機が広まらない

 「平成16年の年金改革でも、小泉純一郎首相は『マクロ経済スライドなんて知らない』といっていたが、わかりやすくいえば『子供の数や成長率に連動して年金が減る』と説明すればよかった。オブラートにくるんだような不透明な説明をするのではなくて、『子供数連動年金』といった方が、高齢者も『そうなのか』と納得するだろう」

 --企業にはどういう形で協力を求める

 「今ある児童手当拠出金は、病児保育や学童保育に投入されたりして、負担している企業は納得していない。そういうことはしないで、拠出金は『両立支援拠出金』みたいな形で一つにまとめる。この拠出金が企業にとって何の意味があるのかというと、育児休業を社員に使わせないで保育サービスに負担をかけている企業は、この費用を一括して払ってもらうというだ」

 --もう少し具体的に

 「育児休業を長めに取らせているなど、なるべく保育サービスを安上がりに済ませている企業には拠出金を減額するなどのメリット制を導入することも考えられる。こういう特別な会計を使うということが政府の肥大化にみえる人もいるようだが、新しい行政組織をつくるわけではない。新しい時代に合った新しいシステムをつくるというメッセージも必要だ」

 --若者支援も課題となっているが

 「雇用、社会保障、産業、教育のそれぞれのシステムが実はうまく連携できていない。産業システム、金融システムの変化によって雇用システムが変わり始めていて、かなり流動性のある労働需要が出始めている。それに対して大学は漫然と日本型雇用に対応できるような学生を卒業させればいいと考えていた。ところが、気が付いたら、ある年などは数年にかけて毎年10万人の進路不明の学生を輩出してしまった。これがまさにロストジェネレーション、不安定労働者の予備軍になってしまった」

 --なるほど

 「職業意識を高めるような教育も必要だが、ただ大学だけが頑張ってもしようがない。改めて労働システムや雇用システムを整備する必要がある。やはり日本型雇用でがっちり稼ぐ分野は今後も必要であり、そういう企業は競争力があり、国際展開もしている。一方、そこから外れて転職が非常に多い、または非正規であるという人たちに対しては、過去のキャリアや経験をきちんと評価してあげて、プロモーションにつなげていかなければならない」

 --具体的な対策は

 「キャリア・ラダー(階段)といわれているが、これを人為的につくり上げていく。労使で合意した経験を賃金加算として評価し、非正規でも経験が賃金上昇につながるように保障する。また、今後の長期戦略としては、介護、医療、福祉、保育関係といった地域で雇用を増やすような対人サービスの賃金をどう評価していくのかだ。流動性が高くて専門性もある20、30代の経験を評価できる賃金体系にしつつ、仮に夫婦ともに非正規でも家族手当や住宅手当を導入することで家族が持てるぐらいの収入を保障していく。ある意味、補助金付きで家族が持てるというふうに支援をすべきだ」

 --補助金?

 「低所得者に対して家族政策として住宅費の一定割合を応援することも考えるべきだと思うが、日本には明確な住宅政策が存在していない。住宅さえきちんとすれば、ホームレスも出ないし、場合によっては生活保護まで追い込まれることもない。今の住宅手当は緊急雇用対策絡みで部分的に慌てて取り入れたものにすぎないが、これをもう少し工夫して、夫婦で非正規、あるいは夫婦合わせて年収が500万円にも達しないような状態ならば、住宅費の一部をバウチャーなどで補助することをしてもいいだろう」

 --民主党政権の少子化対策への注文は

 「現物と現金の両輪をきちんとやらないといけない。それと長期的に一貫性のある政策をやるべきだ。子ども手当がショートしてお金がなくなりましたというわけにはいかない。継続的な政策をやって初めて効果が出る。しかも勝負どころを間違えてはいけなくて、今やらなくてはいけない。ただ『地方分権で地方に任せれば保育所がよくなる』『規制改革で民間に任せれば保育所も今後増える』というような議論が出ているが、それで何とかできるとは思わない。一個やれば何かよくなるというものではなくて、いくつかの政策を組み合わせていかなければいけない」

【関連記事】
団塊ジュニアを見送れば日本は再生不能 駒村康平・慶大教授 
非正規社員ほど結婚難しい 収入不安定、男性は「正規」の2分の1
子ども・子育て白書を閣議決定 異例の通称変更で「少子化」消える
子供、29年連続減少 1694万人に 最少を更新 
子ども手当「人口」と無縁 止まらない少子化

菅氏が出馬表明=4日に民主代表選-後継選び本格化(時事通信)
退陣前にねぎらい次々=鳩山首相(時事通信)
普天間日米合意を順守=民主・樽床氏(時事通信)
日中首脳会談「ヘリ接近」「哨戒艦」成果なく(読売新聞)
鹿児島・奄美で震度3(読売新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。